葉酸は妊娠初期に必要?摂りすぎは危険?

葉酸は妊娠初期に必要?摂りすぎは危険?

葉酸は新生児の体を形成する妊娠初期に特に重要となってくる栄養素です。

 

葉酸はDNA合成に深く関わっているため、不足すると新生児の分のDHA合成に影響が出て、新生児に重大な悪影響を及ぼす危険性があり、後々発育具合にも関わってきます。

 

したがって妊娠中を通して、その中でも特に新生児の体が形作られる妊娠初期には葉酸を十分な量摂取し続けることが必要とされます。

 

またDNAに限らず様々な細胞の生成に関わり、新生児の神経系の形成にも大きな影響を及ぼします。それと母体への影響として、元々鉄要求量が高まる妊娠初期は葉酸不足による貧血が重なると症状が重症化しやすいので、母体保護の意味でも葉酸の摂取が必要なのです。

 

母子の健康のために重要な役割を果たすのがこの葉酸なのです。

 

葉酸はビタミンBの仲間であり、ビタミンB群と同じく水溶性のビタミンですので取り過ぎた分は水に溶け速やかに尿として排出されるため、脂肪に溶けて蓄積され続け濃縮が進む脂溶性ビタミンとは異なり過剰摂取による障害が極めて起こりにくい栄養素です。

 

そのため、摂取量にあまりシビアになる必要はありません。あえて言えば、葉酸の過剰症というわけではありませんが、葉酸の過剰摂取はビタミンB12の欠乏症による症状を発現させず隠してしまうため、知らずのうちにビタミンB12欠乏による悪性貧血が進んでしまうという危険性があることにはあります。

 

あえて過剰摂取する必要は全くありませんが、多少余裕を持った量摂取することが望ましいでしょう。