葉酸が欠乏すると貧血がおきやすい?

葉酸が欠乏すると貧血がおきやすい?

葉酸は様々な細胞や機能の合成に深く関与している栄養素です。

 

これは赤血球などの血液内の成分に関しても言えることで、葉酸の摂取不足により赤血球の合成が不十分となり、悪性の貧血を招くことがあります。

 

特に葉酸もしくはビタミンB12の摂取不足によって発生する貧血を巨赤芽球性貧血と呼んでおり、赤血球に成長途中の赤芽球と呼ばれる血液細胞に異常が発生し、巨大な赤芽球である巨赤芽球という異常細胞が発生するのです。

 

そのため、この巨赤芽球性貧血予防のためには葉酸とビタミンB12をセットで十分な量摂取することが必要です。どちらが欠けても巨赤芽球性貧血が発生してしまいます。

 

巨赤芽球性貧血の特徴としては、舌がピリピリとしびれることがあったり、足の感覚が一時的に喪失するという症状が発生することで知られています。これらの症状があった場合、葉酸かビタミンB12の不足が疑われます。

 

女性は生理と妊娠のため、何かと貧血が問題になることが多いです。その上、葉酸自体も妊娠時に多く必要となることから鉄不足による一般的な貧血だけでなく葉酸不足による巨赤芽球性貧血もまた発生しやすいのです。

 

そのため、女性は特に葉酸を意識的に摂取し続ける必要があります。葉酸は水溶性ビタミンであり1日で尿として排出されてしまうため、一度に大量摂取すれば良いというものではありません。

 

毎日無理なく摂取できる方法を探り、貧血予防のために毎日葉酸を十分な量摂取していきましょう。